避妊失敗談

ピルに助けられる事はあっても、出来ればピルに頼らないのが望ましいです

日本で中絶する未成年者がいます

日本でも妊娠、中絶を未成年者が経験していたりします。日本の妊娠した多くの未成年の子供たちは、親に知られたくないと隠そうとしますが、中絶は親、または、保護者の同意無しには手術してもらえません。身近に相談できる大人がいないと、中絶を行える期間が過ぎてしまいます。未成年は、体が成長過程です。妊娠してしまうと、母体にも、胎児にも負担がかかります。早産の可能性も高く、未熟児で生まれてくる子の子育ては大変な苦労を伴います。相手の男性も、同年代なら、保護者同士の話し合いも必要となります。女の子には、生理が始まったら妊娠する可能性があることを知らせておく必要があります。男の子にも、女の子にも性教育が必要です。望まない妊娠は、恋愛感情、大人への憧れ、大人からの性的虐待、そして、お金ほしさや、寂しさから、大人相手などに性を売ってしまうことでもおこります。避妊の仕方を教えておくのもありですが、まずは責任の取れない妊娠は、生まれてくる子供に大きな負担をかけてしまうから、自分で生活していく能力がないうちには性行為を行ってはいけないことを教えておく必要があります。抵抗しても逃げ切れなかったり、恐怖で抵抗できずに女の子が性的被害にあった場合は、まず親、保護者、先生などに相談して至急病院へ行き産婦人科で診断を受けることを教育現場などでも繰り返し教えておくことをお勧めします。性行為直後に病院を受診すれば、妊娠も回避できる可能性があることを教えておくこともお勧めします。性行為の後しばらく経過してから妊娠の兆候で、つわりや、生理が来ないなど不安を感じた時には、日本では、薬局などで簡単に妊娠検査薬を購入することができますから、購入して検査してみるのもよいのですが、はっきりとした診断には、やはり病院を受診する必要があります。