避妊失敗談

ピルに助けられる事はあっても、出来ればピルに頼らないのが望ましいです

避妊薬のピルはPMSでも処方箋を出してもらえる?

ピルというと、避妊のためにしか処方箋を出してもらえないと考えがちですが、実は女性特有の悩みであるPMSの症状にもピルの服用が効果的であり、処方箋を出してもらえるということはご存知でしょうか。

PMSは、生理が始まる3~10前くらいから、ホルモンバランスが乱れることによって起こる症状の全般のことを指します。
症状は人によって様々で、頭痛、腹痛、倦怠感、気分が落ち込みやすい、いらいらなど個人差がありますが、生理が始まってホルモンバランスが落ち着いてくると症状も自然と落ち着いてきます。

しかし、中にはPMSで一度寝込んでしまうと起き上がれないくらいつらい人やうつ状態になってしまう人までいるため、その症状を改善させるのに避妊薬でもあるピルは非常に効果的なのです。

なぜ効果的なのかというと、ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、それが体を妊娠した状態にさせることで避妊の効果を発揮しますが、ピルを服用して女性ホルモンが体内に入ってくるということでホルモンバランスが安定し、PMSの症状も改善するというメカニズムなのです。

そのため、婦人科で診察してもらうと、その際に質問やいくつかの検査をして、ピルの服用を認められれば避妊のためではなくても処方箋を出してくれます。

また、ピルには避妊やPMSの軽減以外にも卵巣がんや子宮体がんの予防、骨粗鬆症のリスクの軽減など、女性の体によって嬉しい作用がたくさんあるので、PMSがひどくて悩んでいる人は一度婦人科で診てもらいピルを処方してもらうのも良いでしょう。

婦人科まで行くのは抵抗があるという人には、ネットなどでの購入もできますが、その際には服用も自己責任になりますので、予め副作用などについてしっかりと理解しておくようにするのが望ましいでしょう。